ボクアフィ

ボクのアフィリエイト日記

AdSense

AdSenseで広告を新規作成して広告コードを取得する基本の流れ

更新日:

この記事は約4分で読めます。
AdSenseで広告を新規作成して広告コードを取得する基本の流れ

AdSenseで広告を新規作成して運営サイトに貼るには、「広告コード」を取得する必要があります。

広告コードを取得する流れは、

です。1つずつ解説します。

「広告ユニット」画面を開く

AdSense「広告ユニット」画面を開く

「広告ユニット」画面を開きます。

AdSenseにログインして、ナビゲーションメニューの「広告の設定」>「広告ユニット」の順にクリックします。

「新しい広告ユニット」をクリック

AdSense「新しい広告ユニット」をクリック

「広告ユニット」画面を開いたら、「新しい広告ユニット」をクリックします。

作成する広告の種類を選択

AdSenseの作成する広告の種類を選択

「新しい広告ユニット」をクリックすると、現在のアカウントで作成できる広告種類が一覧で表示されます。

ほとんどのアカウントでは、

  • テキスト広告とディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告

が選択できると思います。

今回は、「テキスト広告とディスプレイ広告」を作成します。

関連コンテンツは、一定の基準を満たしていないと利用できません。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

AdSense「関連コンテンツ」が解禁されるPV数・記事数の条件目安
AdSense「関連コンテンツ」が解禁されるPV数・記事数の条件は?

AdSenseで収益性が高い「関連コンテンツ」が使えるようになる、PV数・記事数など条件の目安をご紹介します。

続きを見る

広告の詳細設定を行う

「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択したら、詳細設定を行います。

名前

AdSense「新しい広告ユニットの名前」とは?

名前は自由に決められますが、サイトや広告の種類が増えたときにも管理がしやすいように、「サイト名」「配置場所」「広告ユニットの種類やサイズ」の要素を入れましょう。

AdSense新しい広告ユニットの名前の付け方
AdSense新しい広告ユニットの名前の付け方

AdSenseで新しい広告ユニットを作成するときの名前の付け方と具体例をご紹介します。

続きを見る

広告サイズ

AdSenseの広告サイズ

広告サイズは、配置する場所や他の広告とのバランスを考えて選択します。

はじめてなら、「レスポンシブ」がおすすめです。ユーザーの閲覧環境にあわせて、AdSenseが自動で最適な広告サイズを選択して表示してくれます。

レスポンシブ広告は、「推奨」の「自動サイズ レスポンシブ」です。

AdSenseで収益の高い「広告サイズ」と選び方のポイント
AdSenseで収益の高い「広告サイズ」と選び方のポイント

AdSenseでは、さまざななサイズの広告が用意されています。どの広告サイズが収益が高いのか?どのようにサイズを選ぶべきか?解説します。

続きを見る

広告タイプ

AdSenseの広告タイプ

広告のタイプは、「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択します。

ほかに、「ディスプレイ広告のみ」「テキスト広告のみ」も選択できますが、これを選択するとサイトに掲載できる広告主が限られてしまい、増収のチャンスを失います。

特別な理由がない限り、「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択しましょう。

AdSenseの「広告タイプ」はどれを選択すべき?
AdSenseの「広告タイプ」はどれを選択すべき?

AdSenseの「広告タイプ」で選択できる「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」の違いと、選び方を解説します。

続きを見る

テキスト広告のスタイル

AdSenseの広告スタイル

テキスト広告のスタイルは、テキストだけのAdSense広告が表示されたときの、広告の色やフォントを選べます。

テキスト広告のスタイルを適当に決めると、広告だけが変に目立ってしまいます。はじめのうちはデフォルトでOKです。余裕があれば、サイトに溶け込むような色に設定してみてください。

AdSenseのテキスト広告をサイトの配色にあわせる方法
AdSenseのテキスト広告をサイトの配色にあわせる方法

AdSenseのテキスト広告をサイトの配色にあわせて、違和感なく表示させる方法を解説します。

続きを見る

カスタムチャネル

カスタムチャネルは、特に設定する必要はありません。

カスタムチャネルとは、広告をグループ化して、グループごとにレポートを表示させる機能です。

カスタムチャネルを利用すると、広告の管理・分析に便利ですが、広告が少ないうちは利用しなくて大丈夫です。

表示可能な広告がない場合

表示可能な広告がない場合は、デフォルト設定の「広告ユニットを折りたたむ、展開時はスペースを表示する」でOKです。

表示可能な広告がない場合では、代替広告が設定できます。代替広告とは、適した広告がないときに、自分で広告を作成して代わりに表示できる広告のことです。

代替広告が表示される機会は少ないので、はじめのうちは設定する必要はありません。

設定を保存して広告コードを取得する

AdSenseの設定を保存して広告コードを取得する

設定を一通り終えたら、「保存してコードを取得」ボタンをクリック。広告ユニットが保存され、広告コードが表示されます。

広告ユニットが表示されたら、ソースをコピーしてサイトに貼り付けます。

新規作成した場合、広告が表示されるまで時間が掛かります。20分程度様子を見て、確認しましょう。

まとめ

AdSenseで広告を新規作成するとき、ポイントとなるのが「広告の名前」や「広告サイズ」です。

他はほとんどデフォルト設定で構いません。「広告タイプ」や「テキスト広告のスタイル」を下手に変更を変えると、収益が減少します。

広告が問題なく表示されたら、サイト上のどこに配置するか?研究しましょう。

【初心者向け】AdSense基本の3つの設置場所
【初心者向け】AdSense基本の3つの設置場所

AdSenseで特に効果が高い3つの設置場所をご紹介します。

続きを見る

おすすめ記事

EWWW Image Optimizerの設定画面

WordPress

画像を「EWWW Image Optimizer」でWebPに変換する方法

2018/11/26  

WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」を使い、次世代画像フォーマット「WebP(ウェッピー)」に変換する方法を解説します。

AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い

AdSense

AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い

2018/06/30  

AdSenseのレポートでよく見る「ページビュー」と「表示回数」の意味の違いを解説します。

プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法

Google WordPress プラグイン

プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法

2018/06/08  

WordPressで人気のプラグイン「Contact Form7」を利用せずに、Googleが提供する「Googleフォーム」を使ったお問い合わせフォームの作り方をご紹介します。

-AdSense

Copyright© ボクアフィ , 2019 All Rights Reserved.