ボクアフィ

ボクのアフィリエイト日記

AdSense

AdSenseのクリック率が低いときの5つの改善策

更新日:

この記事は約3分で読めます。
AdSenseのクリック率が低いときの5つの改善策

AdSenseのクリック率は、0.1%以下なら要改善、1.0%以上なら好成績です。

クリック率が低いときは、

の5つの改善を試みてください。

[広告]

AdSenseの配置を見直す

記事下にAdSnseを配置する

広告の配置は、クリック率に大きく影響します。

クリック率が高い配置は、記事タイトル直下や記事下(記事末尾)などです。クリック率が悪い場合は、AdSenseの配置を見直してみましょう。

【初心者向け】AdSense基本の3つの設置場所
【初心者向け】AdSense基本の3つの設置場所

AdSenseで特に効果が高い3つの設置場所をご紹介します。

続きを見る

AdSenseの視認率を上げる

当然ですが、広告は、見てもらえなければクリックもされません。

見てもらえているかどうか?は、「視認率」で確認できます。

AdSenseの広告ユニットのクリック率の確認方法

視認率は、「AdSense管理画面」>「パフォーマンスレポート」>「一般的なレポート」>「広告ユニット」の順にクリックし、「カスタム」タブの「アクティブビュー視認可能率」でチェックできます。

たとえば、サイドバー下部に設置した広告は、スマートフォンだと視認率が非常に低いです。

視認率が低い広告ユニットは、配置を変えるか、思い切って削除するのも1つの手段です。

広告ユニットを変更する

AdSense「広告ユニット」画面を開く

クリック率が悪い場合は、その場所に配置している広告ユニット(広告の種類)を変えてみるのも効果的です。

クリック率が高い広告ユニットとしては、「リンクユニット」が挙げられます。まだ活用していない方は、導入を検討してみてください。

AdSenseで効果が高い「リンクユニット」の使い方
AdSense「リンクユニット」の設置方法とおすすめの配置場所

AdSense「リンクユニット」の概要や設置方法、おすすめの配置場所をご紹介します。

続きを見る

広告サイズを変更する

AdSenseで収益性の高い広告サイズ

広告サイズを変えることで、クリック率が改善されることもあります。

小さすぎてスルーされているような広告は、広告サイズを大きくすると、視認率が高まり、クリック率が上がります。

サイズの大きいAdSenseは、このサイズに適した広告を用意している広告主が多いため、収益を上げやすくなるメリットもあります。

AdSenseで収益の高い「広告サイズ」と選び方のポイント
AdSenseで収益の高い「広告サイズ」と選び方のポイント

AdSenseでは、さまざななサイズの広告が用意されています。どの広告サイズが収益が高いのか?どのようにサイズを選ぶべきか?解説します。

続きを見る

テキスト広告のスタイルを変える

AdSenseの広告スタイル

一般的に、テキスト広告はディスプレイ広告よりもクリック率が高い傾向にあります。

このテキスト広告のスタイル(デザイン)を変更することで、さらにクリック率が高くなる可能性があります。

テキスト広告のスタイルは、AdSenseの「最適化」でA/Bテストができます。どっちのテキスト広告のスタイルがクリック率が高くなるのか?テストしてみましょう。

AdSense「テキスト広告のスタイル」をA/Bテストして最適化する方法
AdSense「テキスト広告のスタイル」をA/Bテストして最適化する方法

AdSenseの「テキスト広告」のスタイル(デザイン)をA/Bテストしてクリック率を上げる方法をご紹介します。

続きを見る

まとめ

AdSenseのクリック率が低いときは、何らかの問題があります。

最も効果的な改善策は、AdSenseの配置を見直すことです。また、見てもらえない広告はクリックしてもらえないのも事実ですので、視認率も改善すると良いでしょう。

AdSenseのクリック率は平均で何%ないと改善すべき?
AdSenseのクリック率は平均で何%ないと改善すべき?

AdSenseのクリック率は、平均で何%ないと改善すべきなのか?改善すべき指標と、目標とすべきパーセンテージをご紹介します。

続きを見る

[広告]

-AdSense

Copyright© ボクアフィ , 2019 All Rights Reserved.