ボクのアフィリエイト日記

ボクアフィ

AdSense

AdSenseの収益性をジワジワ伸ばす15のテクニック

更新日:

AdSenseの収益性をジワジワ伸ばす15のテクニック

AdSenseはアクセス数に左右されることが多いため、「コレを変えたから収益がグッと伸びる」などの施策はほとんどありません。

ですが、以下のテクニックを駆使すればジワジワと収益が伸び、長いスパンで見ると大幅な増収が見込めます。

まだ実践していないテクニックがあったら、ぜひ実践してみてください。

クリック率の高い広告配置にする

【初心者向け】AdSense基本の3つの設置場所

一般的に、AdSenseで視認性が高く(ユーザーに見られやすく)、かつ高収益が期待できる設置場所は、

  1. タイトル下
  2. 記事下
  3. サイドバー最上部

の3カ所とされています。

もしクリック率が悪い場合は、この3カ所を基本の配置場所として決めておき、ほかの配置場所も決めていきましょう。

【初心者向け】AdSense基本の3つの設置場所
【初心者向け】AdSense基本の3つの設置場所

AdSenseで特に効果が高い3つの設置場所をご紹介します。

続きを見る

クリック率の低いページを改善する

AdSenseのクリック率は平均で何%ないと改善すべき?

AdSenseのクリック率は、平均で0.1%を下回っていると要改善です。ページごとにクリック率を改善するか、クリック率が悪い広告ユニットを改善するように試みましょう。

目標としては、クリック率1.0%以上を目指しましょう。

AdSenseのクリック率が低いときの5つの改善策
AdSenseのクリック率が低いときの5つの改善策

AdSenseのクリック率0.1%以下と低いときに効果的な5つの改善策をご紹介します。

続きを見る

収益性の高い広告サイズを選択する

AdSenseで収益性の高い広告サイズ

AdSenseでは、さまざななサイズの広告が用意されています。中でも、大きいサイズの広告は収益を上げやすいメリットがあります。

大きいサイズの例としては、以下のAdSense広告が挙げられます。

広告サイズ説明
300×250レンダリング(中)
記事下やサイドバーに配置されることが多い
336×280レンダリング(大)
記事下やサイドバーに配置されることが多い
728×90ビッグバナー
サイトの上部に配置されることが多い
300×600ラージスカイスクレイパー
PC画面のサイドバーに配置されることが多い
320×100モバイルバナー(大)
スマートフォンの画面に最適化された広告

これらの広告サイズは、AdSenseヘルプの「広告サイズに関するガイド」でも推奨されています。

AdSenseで収益の高い「広告サイズ」と選び方のポイント
AdSenseで収益の高い「広告サイズ」と選び方のポイント

AdSenseでは、さまざななサイズの広告が用意されています。どの広告サイズが収益が高いのか?どのようにサイズを選ぶべきか?解説します。

続きを見る

広告を全幅で表示させる

AFFINGER5でAdSenseを全幅にした広告の例

AdSenseヘルプによると、全幅サイズ(画面の幅いっぱいに表示)のレスポンシブ広告は収益が上がるようです。

レスポンシブ広告ユニットがモバイル端末上のユーザーの画面の全幅サイズに展開されることが多くなります。この設定により、収益増加の可能性が見込めます。

Google が行ったテストの結果、モバイル端末が縦表示の場合には、全幅サイズのレスポンシブ広告で成果が上がることが判明しています。

出典:https://support.google.com/adsense/answer/7445870

モバイル端末では、画面の幅いっぱいに広告を表示すると収益が上がる可能性があります。

AFFINGER5でAdSenseのレスポンシブ広告を全幅に広げる方法
AFFINGER5でAdSenseのレスポンシブ広告を全幅に広げる方法

AFFINGER5で、AdSenseの「レスポンシブ広告」や「記事内広告」を全幅に広げる方法をご紹介します。

続きを見る

テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信する

AdSenseの広告タイプ

広告タイプは、「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択しましょう。

テキスト広告とディスプレイ広告の両方が表示されるようにすることで、よりクリック単価の高い広告が表示され、収益アップにつながります。

広告タイプは、AdSenseの「テキスト広告とディスプレイ広告」で広告を新規追加するときや、すでにある広告を編集するときに選択ができます。

AdSenseの「広告タイプ」はどれを選択すべき?
AdSenseの「広告タイプ」はどれを選択すべき?

AdSenseの「広告タイプ」で選択できる「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」の違いと、選び方を解説します。

続きを見る

テキスト広告をサイトの配色にあわせる

AdSenseの広告スタイル

AdSenseのテキスト広告は、管理画面の「テキスト広告のスタイル」から配色を変更できます。

テキスト広告が配信されたときに備えて、広告の背景色や文字の色をサイトにあわせた配色しておくと、ユーザーの違和感を軽減でき、クリック率の向上が期待できます。

デフォルトの設定のままにしている場合は、サイトの配色にあわせてみましょう。

AdSenseのテキスト広告をサイトの配色にあわせる方法
AdSenseのテキスト広告をサイトの配色にあわせる方法

AdSenseのテキスト広告をサイトの配色にあわせて、違和感なく表示させる方法を解説します。

続きを見る

テキスト広告のスタイルをA/Bテストする

AdSenseのテスト画面を表示

AdSenseの「テキスト広告のスタイル」は、管理画面「最適化」の「テスト」でA/Bテストができます。

スタイルを少し変更することで、クリック率が改善されることもあります。クリック率が悪いと感じたら、A/Bテストを活用してみましょう。

AdSense「テキスト広告のスタイル」をA/Bテストして最適化する方法
AdSense「テキスト広告のスタイル」をA/Bテストして最適化する方法

AdSenseの「テキスト広告」のスタイル(デザイン)をA/Bテストしてクリック率を上げる方法をご紹介します。

続きを見る

複数の広告ユニットを同時に配信する

AdSenseの作成する広告の種類を選択

AdSenseには、「テキスト広告とディスプレイ広告」以外にも、「リンクユニット」や「記事内広告」「インフィード広告」など、さまざまな広告ユニットが存在します。

1つの広告ユニットに頼らず、複数の広告ユニットをフル活用し、魅力的に表示させましょう。

リンクユニットを導入する

AdSenseリンクユニットの仕組み

リンクユニットとは、ページと関連性のあるキーワードを表示するAdSense広告の1つです。

ディスプレイ広告などに比べると地味な広告ですが、効果的な場所に配置することで、大きな成果を生みます。まだ使っていない方は、ぜひ導入してみてください。

リンクユニットは、AdSense管理画面の「テキスト広告とディスプレイ広告」で広告コードを取得できます。

AdSenseで効果が高い「リンクユニット」の使い方
AdSense「リンクユニット」の設置方法とおすすめの配置場所

AdSense「リンクユニット」の概要や設置方法、おすすめの配置場所をご紹介します。

続きを見る

関連コンテンツを導入する

AdSense関連コンテンツについて

AdSenseの「関連コンテンツ」とは、サイトを閲覧しているユーザーに向けて、サイト内の関連記事とAdSense広告を同時に宣伝できるネイティブ広告です。

関連コンテンツが使用できるようになるには条件がありますが、収益性の高い広告なので、サイトを開設して間もない方は、解禁されるのを1つの目安に頑張ってみてください。

AdSense「関連コンテンツ」が解禁されるPV数・記事数の条件目安
AdSense「関連コンテンツ」が解禁されるPV数・記事数の条件は?

AdSenseで収益性が高い「関連コンテンツ」が使えるようになる、PV数・記事数など条件の目安をご紹介します。

続きを見る

カバレッジ(一致率)の低いページを見直す

AdSenseの「カバレッジ(一致率)」とは?

AdSenseで言う「カバレッジ(一致率)」とは、広告リクエストに対して広告が配信された割合を指します。

カバレッジは、100%に近い値であることが理想的であり、極端に低い場合は、正しく配信ができていません。早急に改善し、収益のチャンスを逃さないようにしましょう。

AdSenseの「カバレッジ(一致率)」の意味と確認方法
AdSenseの「カバレッジ(一致率)」の意味と確認方法

AdSenseのレポート画面では、カバレッジ(広告の一致率)を確認できます。カバレッジの意味と確認方法を解説します。

続きを見る

正しいレイアウト(表示)状態で配信する

レイアウトが崩れているAdSenseの例

レスポンシブ広告や記事内広告など、AdSenseが自動でサイズを決めて配信する広告は、まれにレイアウトが崩れる(表示がずれる)ことがあります。

レイアウトが崩れると、サイトとの親和性が低くなり、クリック率が下がります。

レイアウトが崩れていないか?パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットなどでも確認するようにしましょう。

AdSenseのレイアウトが崩れたときの解決策
AdSenseのレイアウトが崩れる(表示がずれる)原因と対処法

AdSenseがコンテンツからはみ出て表示される(画面の右か左に寄ってしまう)原因と解決策をご紹介します。

続きを見る

クリック単価の高いジャンルのコンテンツを作る

AdSenseでクリック単価の高いジャンルの例と調べ方

AdSenseでクリック単価が高いジャンルは、

  • 金融
  • 保険
  • 不動産
  • 自動車
  • 美容
  • ダイエット
  • 就転職

などです。

これらのジャンルに沿ったコンテンツを作ると、クリック単価が高くなり、収益アップのチャンスがあります。

AdSenseでクリック単価の高いジャンルの例と調べ方
AdSenseでクリック単価の高いジャンルの例と調べ方

AdSenseでは、どのようなジャンルのサイトがクリック単価が高くなるのか?どうやってクリック単価を調べるのか?解説します。

続きを見る

広告のプレースメントを作成する

AdSense「広告のプレースメント」とは?

広告のプレースメントとは、広告主が特定のサイトを指名して広告を掲載できるGoogle広告のシステムです。

広告のプレースメントを設置しておくと、広告主があなたのサイトを指名して広告を掲載できるようになります。

正直、サイトを指名して広告を掲載できるようになるまでには、かなりの時間が掛かりますし、それなりの知名度が必要です。設定したからと言って、すぐに効果が期待できるわけではありません。

ですが、設定は5分ほどで完了するので、今のうちに設定し、サイトが成長したときに備えておきましょう。

AdSense「広告のプレースメント」の作成して収益性を高める方法
AdSense「広告のプレースメント」の作成して収益性を高める方法

広告主が特定のサイトを指名して広告を掲載できるGoogle広告(旧:Google AdWords)のシステム「広告のプレースメント」を作成し、広告オークションを活性化させる方法をご紹介します。

続きを見る

広告のブロックは極力避ける

サイトに表示させたくないような広告はブロックすることができます。

きわどい内容の広告や、自分のサイトの競合となるサイトの広告が表示されるのは好ましくありません。

ですが、広告をブロックすると、広告オークションに参加する広告主を減らすこととなり、クリック単価が低下します。

極力、広告のブロックは避けましょう。

まとめ

AdSenseで派手に稼ぐことは難しいですが、コツコツとサイトのコンテンツを増やし、AdSenseのクリック率やクリック単価の分析・改善を繰り返すことでジワジワと収益が増えていきます。

コンテンツを増やすことはもちろん、「Analytics」と「AdSense」を連携するなどして、細かく分析していきましょう。

Google「Analytics」と「AdSense」を連携する手順
Google「Analytics」と「AdSense」を連携する手順

「Analytics」と「AdSense」を連携させて、ページごとにAdSenseの収益状況を細かく分析できるように設定する手順を解説します。

続きを見る

[広告]

WordPressテーマ
AFFINGER5(WING)

AFFINGER5

「AFFINGER5(WING)」は、SEO対策広告収入UPの機能が標準装備されたWordPressテーマ。

決して安いテーマではありませんが、使いこなせば値段以上の価値があり、あなたの財産となります。

もっと詳しく

-AdSense

Copyright© ボクアフィ , 2019 All Rights Reserved.