ボクのアフィリエイト日記

ボクアフィ

AFFINGER5

AFFINGER5の検索フォーム内のテキストを変更する方法

AFFINGER5の検索フォーム内のテキストを変更する方法

WordPressテーマ「AFFINGER5(WING)」の検索フォーム(ブログ内検索)のカスタマイズ方法をメモしておきます。

ファイルの場所

編集するファイルは「検索フォーム (searchform.php)」です。

WordPress管理画面>外観>テーマの編集>検索フォーム (searchform.php)で探してください。

カスタマイズ

今回は、検索フォームのテキストを変更するのと、検索フォームの上にタイトルを付けてみます。

テキストを変更

AFFINGER5の検索フォームは、デフォルトで「検索するテキストを入力」となっています。

これを変更するには、

<input type="text" placeholder="検索するテキストを入力" value=....の「検索するテキストを入力」を任意のテキストを入力します。

たとえば、

  • ブログ内検索
  • 調べたいキーワードを入力
  • ココに検索キーワードを入力
  • BOKUAFI(サイト名)内で検索

に変更してみてください。

タイトルを付ける

検索フォームの上に、ちょっとしたタイトルを付けてみてみます。タイトルが何もないと、これ(検索フォーム)は何なのか?分からない人もいるためです。

検索フォームの上にタイトルを付けるには、ファイルの先頭(1行目)に任意のテキストを入力します。

たとえば、

  • <p><i class="fa fa-caret-down" aria-hidden="true"></i>ブログ内検索</p>
  • <p class="h2modoki">ブログ内検索</p>
  • [st-minihukidashi fontawesome="" fontsize="" fontweight="" bgcolor="#f3f3f3" color="#000000" margin="0 0 20px 0"]解決しない場合はキーワード検索[/st-minihukidashi]

など。

以上です。

まとめ

検索フォームをユーザーに活用してもらうことで、ユーザビリティが向上する可能性があります。

デフォルトのデザインのままでも良いですが、自分なりにカスタマイズして、訪問ユーザーにもっと検索フォームを活用してもらいましょう!

おすすめ記事

EWWW Image Optimizerの設定画面
画像を「EWWW Image Optimizer」でWebPに変換する方法

2019/5/17  

WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」を使い、次世代画像フォーマット「WebP(ウェッピー)」に変換する方法を解説します。

AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い
AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い

2019/4/3  

AdSenseのレポートでよく見る「ページビュー」と「表示回数」の意味の違いを解説します。

プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法
プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法

2019/4/3  

WordPressで人気のプラグイン「Contact Form7」を利用せずに、Googleが提供する「Googleフォーム」を使ったお問い合わせフォームの作り方をご紹介します。

-AFFINGER5

Copyright© ボクアフィ , 2019 All Rights Reserved.