ボクのアフィリエイト日記

ボクアフィ

WordPress プラグイン

リンク切れをチェックするプラグイン「Broken Link Checker」の使い方

プラグイン「Broken Link Checker」の使い方

プラグイン「Broken Link Checker」の使い方は、基本的にはインストールして有効化するだけでOKです。

有効化したら、自動的にサイト内のリンク切れを検出し、リンク切れがあったら通知してくれます。

「Broken Link Checker」とは?

プラグイン「Broken Link Checker」

「Broken Link Checker」は、内部リンク・外部リンクのリンク切れや、なくなった画像(表示できない画像)を自動でチェックしてくれるプラグインです。

リンク切れや画像が表示されないトラブルは、ユーザビリティを損なう恐れがあります。かと言って、手動ですべてのリンクをいちいちチェックするのも効率が悪いので、「Broken Link Checker」で管理するのがおすすめです。

Broken Link Checkerのインストール方法

プラグインBroken Link Checkerのインストール方法

Broken Link Checkerのインストール方法は、プラグインの「新規追加」画面の検索窓に「Broken Link Checker」と検索して、名前が完全に一致するプラグインを「今すぐインストール」し、そのまま「有効化」するだけです。

WordPressのプラグインをインストールして有効化する手順
WordPressのプラグインをインストールして有効化する手順

WordPressのプラグインをインストールして有効化する基本の流れと、インストールの注意点をご紹介します。

続きを見る

Broken Link Checkerの使い方

プラグインBroken Link Checkerの使い方

Broken Link Checkerは、有効化したらデフォルトの設定で機能します。設定もできますが、設定を変えなくても自動でリンク切れを検出してくれます。

まとめ

「Broken Link Checker」は、内部リンク・外部リンクのリンク切れや、なくなった画像(表示できない画像)を自動でチェックしてくれるプラグインです。

使い方は、基本的にはインストールして有効化するだけでOKです。有効化したら、自動的にサイト内のリンク切れを検出し、リンク切れがあったら通知してくれます。

【入れすぎ注意】WordPressでホントに必要だったプラグイン9選
【入れすぎ注意】WordPressでホントに必要だったプラグイン9選

WordPressでサイトを運営するうえで必要なプラグインを選び抜いた結果、この9つに絞ることができました。

続きを見る

おすすめ記事

EWWW Image Optimizerの設定画面
画像を「EWWW Image Optimizer」でWebPに変換する方法

2019/5/17  

WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」を使い、次世代画像フォーマット「WebP(ウェッピー)」に変換する方法を解説します。

AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い
AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い

2019/4/3  

AdSenseのレポートでよく見る「ページビュー」と「表示回数」の意味の違いを解説します。

プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法
プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法

2019/4/3  

WordPressで人気のプラグイン「Contact Form7」を利用せずに、Googleが提供する「Googleフォーム」を使ったお問い合わせフォームの作り方をご紹介します。

-WordPress, プラグイン

Copyright© ボクアフィ , 2019 All Rights Reserved.