mixhost WordPress

WordPressサイトに「http/2+QUIC」を実装する方法

更新日:

自分の運営しているWordPressサイトに「http/2+QUIC」を実装したいなら、レンタルサーバー「mixhost」を利用してください。

mixhostは、http/2+QUIC(以下、QUIC)に対応している日本初のレンタルサーバーです。

レンタルサーバー「カラフルボックス」もQUIC対応しました

「QUIC」とは?

「QUIC(Quick UDP Internet Connections)」とは、Googleが開発した最新の通信規格で、表示速度を超高速化できます。

通信の仕組みなどは「寝ログ」さんが詳しく解説してくれているので、そちらで理解してください。

QUICを実装する方法

レンタルサーバー「mixhost」

QUICを実装しているmixhost

「mixhost」を利用する

QUICを実装するには、レンタルサーバー「mixhost」を利用してください。

mixhostは日本で初めてQUICに対応したレンタルサーバーで、2018年6月現在も、他社サーバー(エックスサーバーなど)では対応していないのが現状です。

「mixhost」での操作

mixhostでQUICを実装するには、特別な操作は必要ありません。

QUICはサーバー側が勝手に設定してくれています。サイト作成時に「https://」を選択すれば(デフォルトでこの設定)、はじめからQUIC対応しています。

このサイトも、mixhostにWordPressをインストールしたら、自動でQUIC対応していました。何もしていません。

QUICに対応したか確認する方法

Chromeの拡張機能「HTTP/2 and SPDY indicator」

QUIC対応を確認できるChromeの拡張機能

自分のサイトがQUICに対応したか?確認する方法は、「Chrome」の拡張機能「HTTP/2 and SPDY indicator」を利用します。

「HTTP/2 and SPDY indicator」のインストール手順は、

  1. Chrome ウェブストアにアクセス
  2. 「HTTP/2 and SPDY indicator」で検索
  3. インストール
  4. Chromeでツールバーをチェック

です。シークレットモードではこの拡張機能は使えないので、通常のChromeでチェックしてください。

無事、QUICに対応していれば、ツールバーの「稲妻マーク」が緑色に代わっています。

QICK対応した状態の「HTTP/2 and SPDY indicator」の表示

QUIC対応した状態

ちなみに、他のサーバー(QUIC対応していないサーバー)では、ツールバーの「稲妻マーク」が青や灰色になっています。

ただし、mixhostでもたまにQUICに対応しない(緑ではなく青になる)ことがあります。原因は不明です。

まとめ

自分の運営しているWordPressサイトに「http/2+QUIC」を実装したいなら、レンタルサーバー「mixhost」を利用してください。

mixhostを利用すれば、自動的にQUIC対応になります。他社サーバーだとカラフルボックスなども対応しています。

ただし、QUICに対応しているブラウザは「Chrome」と「Opera」のみです。今後は、ほかのブラウザでも対応することが期待できます。

参考サイト様

この記事の作成にあたって、以下のサイトを参考にさせていただきました。

管理人

この記事を書いた人

管理人

このサイトのほか、いろんなブログをWordPressで作っている男。テーマはAFFINGER5を愛用。管理人が使用しているレンタルサーバーはこの3つ

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。この記事が役に立ったら「シェア」していただくとウレシイです。

-mixhost, WordPress

Copyright© ボクアフィ , 2019 All Rights Reserved.