ボクのアフィリエイト日記

ボクアフィ

WordPress

WordPress「プライバシーポリシー」の雛型とページの作り方

WordPress「プライバシーポリシー」の雛型とページの作り方

WordPressでは、プライバシーポリシー(個人情報保護方針)ページを作成するよう促されるようになりました。

そこでこの記事では、プライバシーポリシーページの作成方法から、コピペOKの雛型(サンプル)をご紹介します。

「プライバシーポリシー」とは?

プライバシーポリシーとは、ウェブサイトやブログにおいて収集した個人情報をどう扱うのか?どう管理するのか?などを、サイトの運営者が定めた規範のことを言います。

サイトの規模や個人・法人を問わず、所有するすべてのサイトで、プライバシーポリシーを作成して表示することが必要とされています。

プライバシーポリシーページの作り方

WordPressでは、「固定ページ」と「投稿」の2種類でページを作成できるようになっていますが、プライバシーポリシーページは「固定ページ」で作成します。

手順は以下の通り。

1つずつ解説します。

固定ページを作成

プライバシーポリシーページを用意

まずは、固定ページを作成します。

ページのタイトルは「プライバシーポリシーページ」として、パーマリンクは「privacypolicy」などとすると良いでしょう。

固定ページの作成方法については、以下の記事を参考にしてください。

WordPress「固定ページ」の基本の作り方
WordPress「固定ページ」の基本の作り方

WordPressで固定ページを新規で作る、基礎の基礎を解説します。

続きを見る

雛型を編集して公開

プライバシーポリシーページに個人情報保護方針について明記

後述する「プライバシーポリシーの雛型」を参考に、サイトにあわせて編集してください。完了したら、「公開」します。

プライバシー設定でページを指定

プライバシー設定でページを指定する

プライバシーポリシーページを公開したら、「プライバシー設定」で、サイト内のどのページにプライバシーポリシーについて記載しているのか?を指定します。

下の方の「プライバシーポリシーページを変更する」から、先ほど公開したページを選択してください。

以上です。

プライバシーポリシーページを公開したら、メニューなどに設置しておきましょう。

WordPressの固定ページをメニューに設置する方法
WordPressの固定ページをメニューに設置する方法

WordPressで作成した固定ページを、メニュー(ナビゲーション)としてサイト上に設置する方法をご紹介します。

続きを見る

プライバシーポリシーの雛型

当サイトで記載している、プライバシーポリシーです。以下を雛型とし、サイトにあわせて書き換えてください。

当ブログ(以下,「当サイト」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(プライバシー情報)

プライバシー情報のうち「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,性別,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。
プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは,上記に定める「個人情報」以外のものをいい,ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品,ご覧になったページや広告の履歴,ユーザーが検索された検索キーワード,ご利用日時,ご利用の方法,ご利用環境,郵便番号や性別,職業,年齢,ユーザーのIPアドレス,クッキー情報,位置情報,端末の個体識別情報などを指します。

第2条(プライバシー情報の収集方法)

当サイトは,ユーザーについて,利用したサービスやソフトウエア,購入した商品,閲覧したページや広告の履歴,検索した検索キーワード,利用日時,利用方法,利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態,利用に際しての各種設定情報なども含みます),IPアドレス,クッキー情報,位置情報,端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報を,ユーザーが当サイトや提携先のサービスを利用しまたはページを閲覧する際に収集します。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当サイトが個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

(1)お客様に適したサービス等をご提供するため
(2)お客様からのお問い合わせに対応するため
(3)サービス等を安全にご提供するため。これには,利用規約に違反しているお客様を発見して当該お客様に通知をしたり,サービス等を悪用した詐欺や不正アクセスなどの不正行為を調査・検出・予防したり,これらに対応することが含まれます
(4)上記の利用目的に付随する目的

第4条(個人情報の第三者提供)

当サイトは,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。

(1)法令に基づく場合
(2)人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

第5条(個人情報の管理)

当サイトは、ユーザーの個人情報を適切かつ安全に管理します。

第6条(免責)

次に掲げる場合には、第三者による個人情報の取得に関し、当サイトは一切の責任を負いません。

(1)ユーザーご本人が本サービスの機能または別の手段を用いて第三者に個人情報を明らかにした場合
(2)ユーザーが本サービス上に入力した情報等により、個人が識別できてしまった場合

第7条(プライバシーポリシーの変更)

本ポリシーの内容は,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
当サイトが別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

以上

文章を微妙に変更していることもあるので、最新版はプライバシーポリシーページをご確認ください。

まとめ

サイトの所有者は、プライバシーポリシーを明示することが必要となっています。

プライバシーポリシーを書くときは、

  • 定義や範囲
  • 収集方法
  • 利用目的
  • 第三者提供

などの内容を盛り込むと良いでしょう。

WordPressをインストールしたら設置すべき3つの固定ページ
WordPressをインストールしたら設置すべき3つの固定ページ

WordPressをインストールしたら、デザインを調整したり記事を投稿する前に、この3つの固定ページを設置しておきましょう。

続きを見る

参考サイト

この記事の作成にあたり、以下のサイトを参考にしました。

おすすめ記事

EWWW Image Optimizerの設定画面
画像を「EWWW Image Optimizer」でWebPに変換する方法

2019/5/17  

WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」を使い、次世代画像フォーマット「WebP(ウェッピー)」に変換する方法を解説します。

AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い
AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い

2019/4/3  

AdSenseのレポートでよく見る「ページビュー」と「表示回数」の意味の違いを解説します。

プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法
プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法

2019/4/3  

WordPressで人気のプラグイン「Contact Form7」を利用せずに、Googleが提供する「Googleフォーム」を使ったお問い合わせフォームの作り方をご紹介します。

-WordPress

Copyright© ボクアフィ , 2019 All Rights Reserved.