ボクのアフィリエイト日記

ボクアフィ

AdSense Analytics Google

Google「Analytics」と「AdSense」を連携する手順

Google「Analytics」と「AdSense」を連携する手順

Googleが提供するサービス「Analytics」と「AdSense」を連携する手順は以下の通り。

3ステップで完了です。

連携が完了すると、Analytics管理画面でページ別にAdSenseの分析ができます。

「Analytics」と「AdSense」を連携する手順

連携するには、主にAnalytics側で設定を行います。

Analytics管理の「AdSenseのリンク設定」をクリック

「Analytics」と「AdSense」を連携する手順1

Google Analyticsの管理画面にログインして、歯車アイコンの「管理」をクリック。

管理画面が表示されたら、「アカウント」でAdSenseと連携させたいアカウントを選択し、「プロパティ」ではAdSenseと連携させたいサイトを選択。

そのあと、プロパティの下の方にある「AdSenseのリンク設定」をクリックします。

「AdSenseリンクの設定」を行う

「Analytics」と「AdSense」を連携する手順2

Analyticsと連携させたいAdSenseのプロパティを選択して、「コンテンツ向けAdSense」にチェックを入れて「続行」をクリック。

「リンクを有効化」をクリック

「Analytics」と「AdSense」を連携する手順3

AdSenseとリンクさせたいAnalyticsビューを選択します。特に設定していない場合は、「すべてのウェブサイトのデータ」だけ表示されます。チェックを入れて「リンクを有効化」をクリック。

以上で、「Analytics」と「AdSense」が連携できました。

AnalyticsでAdSenseの収益を分析する方法

AnalyticsでAdSenseの収益を分析する方法

連携ができたら、1~2日後に、Analyticsの管理画面でAdSenseの収益が表示されるようになります。

レポート画面は、ナビゲーションの「行動」>「サイト運営者」>「サイト運営者のページ」です。

AnalyticsでAdSenseのレポートを見ると、ページごとにクリック率やインプレッション数を確認できるため、クリック率が悪いページなどを分析し、改善することができます。

AnalyticsとAdSenseを連携させたら分析すべき2つのデータ
AnalyticsとAdSenseを連携させたら分析すべき2つのデータ

AnalyticsとAdSenseを連携させたら、まずチェックすべき2つのデータをご紹介します。

続きを見る

まとめ

「Analytics」と「AdSense」は、Analytics管理画面の「AdSenseのリンク設定」で連携ができます。

連携ができたら、Analytics管理画面の「行動」>「サイト運営者」>「サイト運営者のページ」でレポートを確認できます。

レポート画面では、AdSense管理画面では確認できない、ページごとの収益状況をチェックでき、細かい改善に役立てます。連携していない方は、この機会に設定しておきましょう。

おすすめ記事

EWWW Image Optimizerの設定画面
画像を「EWWW Image Optimizer」でWebPに変換する方法

2019/5/17  

WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」を使い、次世代画像フォーマット「WebP(ウェッピー)」に変換する方法を解説します。

AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い
AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い

2019/4/3  

AdSenseのレポートでよく見る「ページビュー」と「表示回数」の意味の違いを解説します。

プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法
プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法

2019/4/3  

WordPressで人気のプラグイン「Contact Form7」を利用せずに、Googleが提供する「Googleフォーム」を使ったお問い合わせフォームの作り方をご紹介します。

-AdSense, Analytics, Google

Copyright© ボクアフィ , 2019 All Rights Reserved.