ボクのアフィリエイト日記

ボクアフィ

AdSense AFFINGER5 AMP

AFFINGER5のAMPページにAdSenseの自動広告を配信する方法

WordPressテーマ「AFFINGER5(WING)」のAMPページに、Google AdSenseの「AMP 自動広告」を配信する方法をご紹介します。

「AMP 自動広告」とは?

AdSenseの「AMP 自動広告」について

AdSenseの「AMP 自動広告」

AdSenseの「AMP 自動広告」は、その名の通りAMPページに自動で広告を配信するシステムです。

広告が配信される場所

自動広告を設置することで、AMPページの「ヘッダー」「コンテンツ内」「フッター」などに広告が配信(表示)されます。

配信される広告の種類

配信される広告の種類(広告ユニット)は、2019年2月現在で「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」のみです。

その他の広告ユニット、たとえば「記事内広告」や「リンクユニット」は未導入です。

自動広告で配信できない広告ユニットは、AFFINGER5ユーザーならカスタマイズすることで配信できます。以下の記事もご参考に。

AFFINGER5のAMPページに3種類のAdSense広告ユニットを表示させる方法
AFFINGER5のAMPページに3種類のAdSense広告ユニットを表示させる方法

AFFINGER5のAMPページに、AdSense「リンクユニット」「記事内広告」「関連コンテンツ」の3種類の広告ユニットを表示させる方法をご紹介します。

続きを見る

AMP 自動広告の設置方法

AMP 自動広告の設置方法は、AdSenseヘルプの案内通りですが、AFFINGER5の場合は具体的にどこに設置すべきか?解説します。

  1. AdSense アカウントにログイン
  2. [広告] をクリック
  3. [AMP 自動広告] をクリック
  4. 「テキストとディスプレイ」の広告フォーマットをオン
  5. [新しいフォーマットを自動的に取得する] を選択したままにする
  6. 「amp-auto-ads」スクリプトを<head>内に貼り付ける本題
  7. 「amp-auto-ads」スクリプトを<body>の開始タグ直後に貼り付ける

AdSense アカウントにログイン

Google AdSenseにログインします。

[広告] をクリック

左メニューの「広告」をクリックしたあとに、続けて「自動広告」をクリックします。

[AMP 自動広告] をクリック

「自動広告(通常ページ)」と「AMP 自動広告」のタブがあるので、「AMP 自動広告」をクリックします。

「テキストとディスプレイ」の広告フォーマットをオン

テキスト広告とディスプレイ広告のフォーマットが「オン」になっていることを確認します。

[新しいフォーマットを自動的に取得する] を選択したままにする

新しいフォーマットが AMP 自動広告に追加されたら、自動的に取得するよう設定できます。

現在は「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」のみですが、今後は記事内広告やモバイルアンカー広告なども使用できるようになると思います。そのとき、ここの設定をオンにしておくと、自動的に表示されるようになります。

「amp-auto-ads」スクリプトを<head>内に貼り付ける

ココからが本題です。

AMP自動広告は、「head」と「body」の2カ所に、それぞれスクリプトを挿入することで表示ができます。

まずは「head」に貼り付けるスクリプトの場所から。

AFFINGER5ユーザーの場合、「single-amp.php」ファイルの</head>の直前に貼り付けます。

single-amp.phpファイル

外観>テーマの編集>single-amp.php

WordPress管理画面から直接編集する場合は、外観>テーマの編集で、「single-amp.php」を選択します。

head内に貼り付けるスクリプトの位置

47行目あたりの</head>の直前

47行目あたりに</head>があるので、このタグの直前にスクリプトを貼り付けます。

head内に貼り付けるスクリプト

head内に貼り付けるスクリプト

貼り付けるスクリプトは、AdSenseのAMP自動広告の「手順2」のものです。

「amp-auto-ads」スクリプトを<body>の開始タグ直後に貼り付ける

次に「body」に貼り付けるスクリプトの場所から。

body内に貼り付けるスクリプトの位置

315行目あたりの</body>の直前

315行目あたりに</body>があるので、このタグの直前にスクリプトを貼り付けます。

body内に貼り付けるスクリプト

body内に貼り付けるスクリプト

貼り付けるスクリプトは、AdSenseのAMP自動広告の「手順3」のものです。

以上で、AFFINIGER5のAMPページに、AdSenseの自動広告が表示できました。

AMP 自動広告の設置確認

AFFINGER5のAMPテスト結果

AMPテスト結果

AMP自動広告は、設定してから20分くらい待つと表示されているはずです。しばらく待ってから確認しましょう。

待っている間は、AMPページに問題がないか?チェックすることをおすすめします。もし、スクリプトの挿入位置に間違いがあったりすると、AMPページがエラーとなり、表示されなくなります。

ボクは、うっかり「</head>」ではなく、「</header>(67行目)」の直前にスクリプトを貼り付けてしまったため、エラーとなってしまいました。

AMPページのエラーチェックは、GoogleのAMPテストを使います。

エラーもなく、広告も配信できていたら、無事に終了です。

まとめ

「AFFINGER5(WING)」のAMPページに、AdSenseの「AMP 自動広告」を配信するには、「head」と「body」の2カ所に、それぞれスクリプトを挿入します。

スクリプトを挿入するファイルは、「single-amp.php」です。このファイル内の</head>と</body>の直前に、それぞれ貼り付けます。

スクリプトを挿入したあとは、AMPテストでエラーがないか?必ずチェックしてください。

AFFINGER5のAdSense配置
AFFINGER5のAdSense配置~最小限で最大の効果を発揮!

WordPressテーマ「AFFINGER5(WING)」の効果的なAdSense配置を、PC・スマホ・AMP別に解説します。

続きを見る

おすすめ記事

EWWW Image Optimizerの設定画面
画像を「EWWW Image Optimizer」でWebPに変換する方法

2019/5/17  

WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」を使い、次世代画像フォーマット「WebP(ウェッピー)」に変換する方法を解説します。

AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い
AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い

2019/4/3  

AdSenseのレポートでよく見る「ページビュー」と「表示回数」の意味の違いを解説します。

プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法
プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法

2019/4/3  

WordPressで人気のプラグイン「Contact Form7」を利用せずに、Googleが提供する「Googleフォーム」を使ったお問い合わせフォームの作り方をご紹介します。

-AdSense, AFFINGER5, AMP

Copyright© ボクアフィ , 2019 All Rights Reserved.