Google WordPress プラグイン

プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」の設定方法

プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」の設定方法

プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」をインストールすることで、「私はロボットではありません」をログイン画面やコメント欄に表示させることができます。

この記事では、Invisible reCaptcha for WordPress(以下:Invisible reCaptcha)の設定方法を解説します。

広告

「Invisible reCaptcha」とは?

「Invisible reCaptcha for WordPress」とは?

「Invisible reCaptcha」は、「私はロボットではありません」を表示させるセキュリティプラグインです。

「私はロボットではありません」の表示は、Googleの新しいセキュリティシステムです。

「Invisible reCaptcha」をインストールすることで、WordPressのログイン画面やコメント欄、Contact Form 7(お問い合わせフォーム画面)などに「私はロボットではありません」を表示させることができます。

Invisible reCaptchaのインストール方法

Invisible reCaptcha for WordPressのインストール方法

Invisible reCaptchaのインストール方法は、プラグインの「新規追加」画面の検索窓に「Invisible reCaptcha for WordPress」と検索して、名前が完全に一致するプラグインを「今すぐインストール」し、そのまま「有効化」するだけです。

「reCaptcha」系のプラグインは複数あるので、間違わないように注意してください。

WordPressのプラグインをインストールして有効化する手順
WordPressのプラグインをインストールして有効化する手順

続きを見る

Invisible reCaptchaの設定

Invisible reCaptchaを有効化したら、次の手順に沿って設定を行います。

設定は、「Google側」と「WordPress側」の2つを行います。

「My reCAPTCHA」に登録

GoogleのreCAPTCHA登録画面

Googleの「reCAPTCHA: Easy on Humans, Hard on Bots」で登録を行います。

左上の「My reCAPTCHA」をクリック。Googleにログインしたあとに、管理画面が表示されます。

「Site key」と「Secret key」を入手

管理画面に移行したら、「Register a new site」を設定して、「Site key」と「Secret key」を入手します。

Register a new siteの設定

reCAPTCHAのサイト登録画面
Label 自分が管理しやすい名前
Choose the type of reCAPTCHA reCAPTCHAの種類
Domains ドメインを入力
Accept the reCAPTCHA Terms of Service. 利用規約に同意

すべて入力したら、「register」をクリック。

reCAPTCHAの種類について

「Choose the type of reCAPTCHA」の項目では、reCAPTCHAの種類を選択します。

「reCAPTCHA v2」は、「私はロボットではありません」にチェックボックスを入れて認証させます。

「Invisible reCAPTCHA」は、バックグラウンドで起動します。Googleがロボットと判断した場合に、高度な画像認証が表示されます。

どちらでも良いですが、個人的には「Invisible reCAPTCHA」をおすすめします。

「Site key」と「Secret key」を入手

reCAPTCHAの「Site key」と「Secret key」を入手

登録が終わったら、管理画面が切り替わり、「Keys」の部分に「Site key」と「Secret key」が表示されます。

あとで利用するので、2つのKeyをメモしておきましょう。

以上で、Google側の設定は終わりです。

WordPressでプラグインの設定

WordPress側の設定を行います。

先ほどインストールしたプラグイン「Invisible reCaptcha」の設定画面を開きます。

設定画面は、WordPress管理画面の設定>Invisible reCaptchaです。

WordPressでプラグインの設定

入手した「Site key」と「Secret key」をそれぞれ入力します。

「Language」は「Japanese」に、「Badge Position(私はロボットではありませんの表示位置)」は「Inline」に設定することをおすすめします。

reCAPTCHAの表示場所を設定

「私はロボットではありません」をログイン画面に表示する設定は、「WordPress」の「Enable Login Form Protection」にチェックを入れます。

ほかは、適宜、有効にしてください。

まとめ

プラグイン「Invisible reCaptcha」をインストールすることで、「私はロボットではありません」をログイン画面やコメント欄に表示させることができます。

設定は、「Google側」と「WordPress側」の設定が必要です。

そこまで難しくありませんので、セキュリティを高めたいサイト運営者の方は、ぜひ導入してみてください。

BOKU

このサイトのほか、いろんなブログをWordPressで作っている男。 テーマはWING(AFFINGER5)を愛用。

-Google, WordPress, プラグイン