ボクアフィ

ボクのアフィリエイト日記

Google WordPress プラグイン

プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」の設定方法

投稿日:

この記事は約4分で読めます。
プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」の設定方法

プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」をインストールすることで、「私はロボットではありません」をログイン画面やコメント欄に表示させることができます。

この記事では、Invisible reCaptcha for WordPress(以下:Invisible reCaptcha)の設定方法を解説します。

「Invisible reCaptcha」とは?

「Invisible reCaptcha for WordPress」とは?

「Invisible reCaptcha」は、「私はロボットではありません」を表示させるセキュリティプラグインです。

「私はロボットではありません」の表示は、Googleの新しいセキュリティシステムです。

「Invisible reCaptcha」をインストールすることで、WordPressのログイン画面やコメント欄、Contact Form 7(お問い合わせフォーム画面)などに「私はロボットではありません」を表示させることができます。

Invisible reCaptchaのインストール方法

Invisible reCaptcha for WordPressのインストール方法

Invisible reCaptchaのインストール方法は、プラグインの「新規追加」画面の検索窓に「Invisible reCaptcha for WordPress」と検索して、名前が完全に一致するプラグインを「今すぐインストール」し、そのまま「有効化」するだけです。

「reCaptcha」系のプラグインは複数あるので、間違わないように注意してください。

WordPressのプラグインをインストールして有効化する手順
WordPressのプラグインをインストールして有効化する手順

WordPressのプラグインをインストールして有効化する基本の流れと、インストールの注意点をご紹介します。

続きを見る

Invisible reCaptchaの設定

Invisible reCaptchaを有効化したら、次の手順に沿って設定を行います。

設定は、「Google側」と「WordPress側」の2つを行います。

「My reCAPTCHA」に登録

GoogleのreCAPTCHA登録画面

Googleの「reCAPTCHA: Easy on Humans, Hard on Bots」で登録を行います。

左上の「My reCAPTCHA」をクリック。Googleにログインしたあとに、管理画面が表示されます。

「Site key」と「Secret key」を入手

管理画面に移行したら、「Register a new site」を設定して、「Site key」と「Secret key」を入手します。

Register a new siteの設定

reCAPTCHAのサイト登録画面
Label自分が管理しやすい名前
Choose the type of reCAPTCHAreCAPTCHAの種類
Domainsドメインを入力
Accept the reCAPTCHA Terms of Service.利用規約に同意

すべて入力したら、「register」をクリック。

reCAPTCHAの種類について

「Choose the type of reCAPTCHA」の項目では、reCAPTCHAの種類を選択します。

「reCAPTCHA v2」は、「私はロボットではありません」にチェックボックスを入れて認証させます。

「Invisible reCAPTCHA」は、バックグラウンドで起動します。Googleがロボットと判断した場合に、高度な画像認証が表示されます。

どちらでも良いですが、個人的には「Invisible reCAPTCHA」をおすすめします。

「Site key」と「Secret key」を入手

reCAPTCHAの「Site key」と「Secret key」を入手

登録が終わったら、管理画面が切り替わり、「Keys」の部分に「Site key」と「Secret key」が表示されます。

あとで利用するので、2つのKeyをメモしておきましょう。

以上で、Google側の設定は終わりです。

WordPressでプラグインの設定

WordPress側の設定を行います。

先ほどインストールしたプラグイン「Invisible reCaptcha」の設定画面を開きます。

設定画面は、WordPress管理画面の設定>Invisible reCaptchaです。

WordPressでプラグインの設定

入手した「Site key」と「Secret key」をそれぞれ入力します。

「Language」は「Japanese」に、「Badge Position(私はロボットではありませんの表示位置)」は「Inline」に設定することをおすすめします。

reCAPTCHAの表示場所を設定

「私はロボットではありません」をログイン画面に表示する設定は、「WordPress」の「Enable Login Form Protection」にチェックを入れます。

ほかは、適宜、有効にしてください。

まとめ

プラグイン「Invisible reCaptcha」をインストールすることで、「私はロボットではありません」をログイン画面やコメント欄に表示させることができます。

設定は、「Google側」と「WordPress側」の設定が必要です。

そこまで難しくありませんので、セキュリティを高めたいサイト運営者の方は、ぜひ導入してみてください。

おすすめ記事

EWWW Image Optimizerの設定画面

WordPress

画像を「EWWW Image Optimizer」でWebPに変換する方法

2018/11/26  

WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」を使い、次世代画像フォーマット「WebP(ウェッピー)」に変換する方法を解説します。

AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い

AdSense

AdSenseの「ページビュー」と「表示回数」の違い

2018/06/30  

AdSenseのレポートでよく見る「ページビュー」と「表示回数」の意味の違いを解説します。

プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法

Google WordPress プラグイン

プラグイン不要!Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法

2018/06/08  

WordPressで人気のプラグイン「Contact Form7」を利用せずに、Googleが提供する「Googleフォーム」を使ったお問い合わせフォームの作り方をご紹介します。

-Google, WordPress, プラグイン

Copyright© ボクアフィ , 2019 All Rights Reserved.